パーミッションマーケティングで注目なトライバルユニット


マーケティング手法で最もリスクが少ないと言われているのが
“パーミッションマーケティング”と呼ばれるものです。
これは、はじめからお客様の了解・許可を得ている状態から
アクションを起こすもので、面識のないお客様と比べて
成果の着地がしやすいというメリットがあります。
これはお客様自身が電話をかけていくので、レスポンス効率の上昇、
勧誘を感じさせない流れがスムーズであるとして話題となっています。
具体的にパーミッションマーケティングはどのようなケースで用いるか、
テレマーケティングに詳しいトライバルユニットという
会社を引っ張って説明します。

パーミッションマーケティングを最も身近に感じるものが、
「オプトインメール」によるプロモーション活動です。
これは、自社サイトなどのメルマガ配信の希望者に対し、
個人が希望する情報のみ配信をかけ、レスポンス率の向上、
お客様満足度の上昇を目的にするものです。

トライバルユニットのオプトインメールの場合、
メルマガ等に登録された会員者に対してこれまで以上の売り上げを増加し、
費用対効果の高い戦略の立案、魅力的に見せる商品の
プロモーションを行っているのが特徴です。

このように、不特定多数にプロモーションをかけてくる
「土足マーケティング」のような一方的なマーケティングだけでなく、
パーミッションマーケティングのようにWin-Winな関係性を
築くことで売り上げの増加に貢献することができます。
蛇足ですが、オプトインメールの他にトライバルユニットでは
様々なマーケティング手法を導入しています。

トライバルユニット-パーミッションマーケティング一覧
オプトインメール、ユーザー医師反映型、
ホームページ、電子メール、メールマガジン、
メーリングリスト、ターゲッティングメール、
好み・嗜好・関心などの人(属性・クラスター)